リフォームとリノベーションの違い

リノベック

075-691-8082

〒601-8439 京都府京都市南区西九条開ケ町105-2

営業時間/9:00~18:00

リフォームとリノベーションの違い

お役立ちコラム

2018/04/26 リフォームとリノベーションの違い

リフォームやリノベーションという言葉をよく耳にするかと思いますが、皆さんは違いをご存じでしょうか。中には内容は同じで、呼び方が違うとお考えの方もいらっしゃると思います。こちらではリフォームとリノベーションの違いについてご紹介いたします。

 

リフォームとは

住宅の内装や外装を変える際によく耳にするのがリフォームかと思います。リフォームは間取りを変えたり、古い設備を新しく変えたり、住宅の改修全般を表す言葉です。トイレやキッチン、浴室などの設備機器の交換や天井のクロス張替、ペンキの塗り替えなどの、小規模な工事が中心です。リフォームは劣化した住宅を新築時の状態にできるだけ戻すということだと考えておきましょう。

 

リノベーションとは

リフォームに対してリノベーションは新築当時よりも建物の性能を向上させ、新たに付加価値をつけることを目的に行われます。リノベーションは古い建物の良さを活かしながら電気、ガスの配管なども全面的に新しくすることがあります。

リノベーションを行うことによって、自分好みの住まいに変えることができます。そしてリノベーションはリフォームよりも大規模な工事になり、増改築なども行われます。最近ではお手頃価格の中古マンションを購入し、リノベーションを行う方が増えています。

 

内装が変わると気持ちも変わる

リノベーションは内装のほとんどを変えてしまうことが多いですが、それに比べリフォームは劣化が進んだ設備などを新しくします。購入した物件を手放し、新しい物件を購入することは簡単ではありません。気分を変えたい、劣化が目立ってきたと感じたら一度リフォームを検討してはいかがでしょうか?

 

京都、滋賀でリフォームを検討している方は個人宅のリフォームや店舗改装外構工事を行っている弊社にお任せ下さい。アフターサービスも充実していますので、安心してご依頼いただけると思います。ご依頼に対し即対応いたします。質問などがございましたらお気軽にお問合せ下さい。

TOP