用途に合わせたカーテン選び

リノベック

075-691-8082

〒601-8439 京都府京都市南区西九条開ケ町105-2

営業時間/9:00~18:00

用途に合わせたカーテン選び

お役立ちコラム

2018/04/26 用途に合わせたカーテン選び

外から室内が見えないように活用されているカーテンですが、遮光や遮熱、保温などの機能性を持ったカーテンも出ています。デザインだけでなく、素材などを把握し用途に合わせて活用すれば、より便利な存在となります。ここでは機能性を持ったカーテンの種類についてご説明します。

 

遮光カーテン

お部屋の光を漏らさず、外からの光を遮ることができるので、寝室によく使用されています。
遮光性能は1級から3級と3段階に分けられおり、1級は99.99%以上、2級、3級も99.4%以上の遮光性となっています。広々としたリビングに1級の遮光カーテンを使用すると部屋全体が暗くなってしまいますし、縫製や設置方法などにより遮光性能は変わるため、お部屋やライフスタイルなどに合わせて選ぶようにすることが必要です。

 

遮熱・保温機能カーテン

遮熱タイプは、窓から伝わる熱を軽減する効果があるので、暑い夏に最適です。室内の温度をおさえ冷房効果が高まり、消費電力の削減にも繋げることができます。逆に保温機能のカーテンは、空気層を多く含む生地を使用し熱を逃しにくくしています。

 

他にも、ペットやタバコなどの臭いを中和させる消臭カーテンや防火機能のカーテン、家具などの日焼けを防ぐUVカーテンなど、様々な機能があり選び方は自由です。

 

それぞれの特徴を把握し、季節ごとにカーテンを替えることで、より快適な空間作りができるでしょう。また、カーテンの色やデザインなど、家具や壁紙と合わせると綺麗に調和します。室内のクロス張替え工事の際、一緒にカーテンも変えるのもおすすめです。

 

京都、滋賀でクロス張替え工事を検討している方はぜひ弊社をご利用下さい。床板張替えカーペット張替えなど様々な張替え工事に対応しています。クロス張替え工事と一緒にオーダーカーテンの取り付け工事も可能です。他にもトイレをはじめ水廻りのリフォームもお任せ下さい。疑問点や不明点等ありましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせいただけると幸いです。

TOP